MENU CLOSE

Non gum
Straight

オールオン4が必要ないケース

Nongum/Straight implant.

<<究極の All-on-4 治療>>

一般的にAll-on-4と呼ばれる治療法は、現状の顎骨量に関わらず、骨を削って人工的な歯肉を付与して補綴物を固定します。十分な骨の高さや幅がある場合でも、わざわざ骨を削り平らに整えて、人工的な歯肉を付与します。症例によっては、骨を削らずにノンガムタイプの最終補綴物を入れる事が出来ます。ノンガムタイプは術後の審美性、機能性、清掃性等を考えると患者様にとってのメリットは計り知れません。ノンガムタイプのフルマウスインプラント治療は、確実な診査診断と高い技術が必要となるので、施術が簡単な通常の All-on-4が行われているのが現状です。All-on-4 Clinicでは、全ての方に充分な診査診断を行い、通常の人工歯肉付きのタイプ(ウィズガムタイプ)か、ノンガムタイプかをしっかりとスクリーニングした上で治療を進めていきます。

初診 2017.10.26
年齢 42
性別 女性
主訴 歯がボロボロなのは分かっているが、時間的な余裕が無いことと歯科に対する恐怖心から、悪いままの状態を放置してしまった。人前でおもいっきり笑いたいので意を決して来院。

骨格分析

上顎:残せる歯はほとんど無い
下顎:前歯のみ残せるが歯並びを改善する必要がある

上顎:残っている歯の根っこの部分が、ほとんど破折しており保存不可能
下顎:前歯部は生活歯(神経がある)であり保存可能、臼歯部は保存不可能

診査診断 Examination &Diagnosis

治療を進める上で最も重要なステップです。理想的な歯を模型上で Wax-Up します。その後、治療計画を立てていきます。

ラジオグラフィックガイド

最終的な歯並びを想定したラジオグラフィクガイドという、義歯の様な物を作成し口の中に入れてCTを撮影します。このラジオグラフィクガイドを、いかに正確に作るかが治療の成功の鍵となります。

3D プランニング

Nobel Clinician®︎という、インプラント診断様用のソフトを用いて正確にインプランを入れる位置を決定します。

その後送られてくるサージカルテンプレートを用いて、インプラントを埋入します。

仮歯 First Provisional

手術と同時に、事前に用意していた仮歯をインプラントに固定
即時荷重を行い審美性と機能性を回復

術後

術前の3次元的なインプラント埋入計画と、術後のCT画像を比較すると、計画通りの位置にインプラントが埋入されている事が確認できる。この正確性はガイデッドサージェリーを行わなければ実現不能である。仮にインプラントの位置が0.5mmずれてしまうと、パーフェクトな審美性を獲得する事が出来ない。

前歯部は、歯根の一部を残しインプラントを埋入 /PET(Partial Extraction Therapy)する事で、骨のボリュームを確保することが可能となる。前歯部のインプラント治療で、審美を獲得する有効なテクニックの一つである。

右側臼歯部のインプラント周囲の骨が足りない部位はGBR(骨造成)を行った。

CTG

2つ目の仮歯を入れると同時に、軟組織が足りない部分を、結合組織を移植する事で改善する。

ON 1 CONCEPTを使用

両側下顎臼歯部は、ノーベルガイドを用いてインプラント埋入手術と同時に仮歯を入れ即時荷重を行った。その際、Nobel Biocare 社の ON1 CONCEPT を使用している。

最終工程

2つ目の仮歯で歯肉の形態を整え、審美性、噛み合わせや発音などの機能性、清掃性等に問題が無いことを確認し最終的な補綴物を作る為のステップに移行する。

最終補綴物SET後の正面観

上顎:セラミックレイヤードフルジルコニアインプラントブリッジ
下顎:前歯部はインビザライン矯正治療で歯並びを改善。臼歯部はインプラント上部にFCZクラウンを使用

 

 

<<人工的な歯肉を付けない、ノンガムタイプのインプラントブリッジによる治療例>>

精密な診査診断と綿密な治療計画

計画的な骨整形と、フラップレスガイデッドサージェリー を実施した症例

初診 2010.4.8
年齢 49
性別 女性
主訴 口元にを綺麗にしたい

骨格分析

歯並びは、上下顎共に出ているいわゆるバイマックス

口元に対し長年コンプレックスを持ち、
矯正治療や美容整形による治療を模索するも、最終的にインプラントによる全顎的治療を選択。

上顎歯牙は歯周病が進み、歯冠内固定されている。

初回ワックスアップとリダクションガイド

まず最初に全顎的WAX-UPを行った後に、歯槽骨をどれだけ削除するか決定。
骨整形用のステントを作成。

抜歯と骨形成

上顎全ての歯を抜歯し、骨整形用のステントを用いピエゾーサージェリーを用いて、
歯槽骨にスキャロップ形態を付与する。

上顎には治療用総義歯、下顎はプロビショナルレストレーションをSETする。

治療用義歯とラジオグラフィックガイド

トリートメントデンチャーから咬座印象を採り、ストーンモデルを作成しさらに2度目のWAX-UPを行い、
ラジオグラフィックガイドを作成した。

3D プランニング

ラジオグラフィックガイドを口腔内に入れCTを撮影し、
専用のコンピューターソフトによる3Dプランニングを行い、インプラント埋入計画を立て、サージカルテンプレートを発注する。

フラップレス手術の診断検査

軟組織の治癒を充分に待ち、付着歯肉が充分にある事を確認し、フラップレスサージェリー(無切開手術)を行う。

試適

ラジオグラフィックガイドの精度が、そのままサージカルテンプレートに反映される。
確実なステップを踏んで作成されたサージカルテンプレートの適合は非常に高い事が確認できる。

述語

フラップレスサージェリーは、術後の出血や腫れ、痛みが非常に少なく極めて低侵襲なオペである。
ガイデッドサージェリーにより、8本のインプラントは計画通りに埋入された。

上下を比較すれば、計画通りにインプラントが埋入された事がわかる。

上:ノーベルクリニシャンによるインプラント埋入ポジションを示す。
下:実際に埋入されたインプラントの位置をCTで確認。

初回の仮歯を装着

インプラント埋入後すぐに事前に用意された仮歯を装着し即時荷重を行う。

仮歯を見れば、それぞれのインプラントが歯牙の真下に位置していることがわかる。

手術数日後には、歯肉も綺麗で、外科治療によるダメージを全く感じさせない。

2つ目の仮歯作製のために、3回目のワックスアップ

2つ目の仮歯の為に、再度WAX-UPを行う。

2nd Provisional restoration

2つ目の仮歯を作製

Tissue sculpting transfer model

2つ目の仮歯を用いて、歯肉の調整を行う。その後、型取りを行う。

Position jig transfer stone model

型取りの後に、ポジションジグを行い実際のインプラントの位置を精密にストーンモデル上に再現する。

PIB Scan & Zr frame

CAD/CAMを用いて作成された、ジルコニアPIBフレーム

ジルコニアPIBフレームにポーセレンをレイヤリングし完成した最終補綴物。

最終補綴物SET後の正面観

6年経過

術後約6年経過しているが、インプラントは健全に機能している。

この症例は、治療後約6年経過しているが、むしろ歯肉は綺麗になっている。

本人も治療結果に大変満足している。
治療前は人前で笑うことさえ出来なかったのに、今では大きな口をあけ、自慢の歯を見せて笑う事で性格まで明るくなりました。

本症例は人工的な歯肉を付けない、ノンガムタイプのインプラントブリッジによる治療例です。
セメントを使わないスクリュー固定式の補綴物により、長期に渡りインプラント周囲組織を安定させる事が可能です。

精密な診査診断と非常に高い治療技術や経験が要求されます。
正しい診査診断と精密な治療計画を立てることにより、約5~10%の患者様にこのようなノンガムタイプによるインプラント治療を行うことができます。

All-on-4 Clinicでは、従来のAll-on-4の術式に加え、様々な治療オプションを用意しております。

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556